アイスホッケー入門お手軽ルール講座INTRODUCTION

簡単解説!誰でもわかるアイスホッケールールのポイント講座です!
最近アイスホッケーに興味を持ち始めて、“なんかアイスホッケーって楽しそ~”“今度試合を見にいくの~”と盛り上がっているみなさん、この講座ですぐに楽しく観戦できるようになりますよ!

 

先ず、基本中の基本から

 

相手ゴールに、長い棒(スティック)を使って、黒い円盤(パック)を入れれば1得点です。
ゴール裏の赤ランプがピカッ!これを見れば誰でもわかるよね!

 

試合開始は「フェイス・オフ」

 

第1ピリオド(20分間)、(15分間休憩)、第2ピリオド(20分間)、(15分間休憩)、第3ピリオド(20分間)での合計得点の多いチームが勝ち。第3ピリオドが終了して同点の場合は5分間のサドンビクトリー方式(先に得点したチームが勝ち)による延長戦になります。それでも勝敗がつかない場合は、ゲームウィニングショット戦(ペナルティーショット戦)で勝敗を決します。

 

次にチーム編成

 

日本リーグでは1チーム20人(アジアリーグや国際ルールによる試合は22人)までベンチ入りできます。そのうちリンクで戦うのは6人。ゴールキーパー1人、ディフェンス(守備)2人、フォワード(攻撃)3人です。アイスホッケーは体力消耗が激しいので選手の交代は自由。頻繁に入れ替わります。

 

審判

 

審判は、黒白の縦縞のシャツを着た3人組。オレンジ色の腕章が目印のレフェリー1人と、ラインズマン2人です。反則があるといろんなポーズで知らせます。ペナルティをとられた選手は決められた時間(主に2分間)試合から外れてぺナルティボックスに入っていなければなりません。その間そのチームは少ない人数で戦うことになります。

 

試合が中断することがあります

 

オフサイドやアイシング・ザ・パックがあった、選手がぶつかってゴールが動いた、パックがリンクの外に出た、こんな時レフェリーはいったん試合を止めて、仕切り直してフェイスオフで再開します。
 

 

最後に一番大切なルールをひとつ。

 
それはもちろん、一生懸命応援することです!

みなさんアイスホッケーがどんなスポーツかおわかりいただけましたか?