本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

森林認証

コンテンツ

森林認証について

森林認証制度は、独立した第三者機関が、持続可能な森林経営の基準を満たしている森林を認証するとともに、認証森林から生産される木材製品を分別・表示管理している加工・流通業者を認証する制度です。認証木材製品に、認証団体のロゴマークをつけることで、消費者は持続可能な森林由来の製品を選択することが可能になります。なお、認証林の審査基準には、森林管理に関する国内法や国際条約等の遵守、生物多様性や水・土壌等の森林生態系の保護や保全、先住民や労働者の権利保護、地域社会との共生等の厳しい審査基準が設けられております。
森林認証は、責任ある森林管理を認証する「FM認証」、認証森林から産出された林産物の流通・加工に対する「CoC認証」から成り立っています。国際的に知られている制度として、FSC®認証※1、PEFC認証※2の他、日本には独自の制度としてSGEC認証※3があります。

※1 FSC®: Forest Stewardship Council®

※2 PEFC: Programme for the Endorsement of Forest Certification Scheme

※3 SGEC: Sustainable Green Ecosystem Council、『緑の循環』認証会議

王子グループの森林認証

2017年末時点で、国内では分収林を除く17万haでSGEC森林認証を取得、海外でも植林面積26万haの内18万ha(森林認証取得率69%)でFSC®等の森林認証を取得しています。「環境行動目標2020」に掲げる森林認証100%取得率向上を目指して今後も森のリサイクルと森林認証取得を推進しています。

 



FSC®認証製品:環境配慮型製品の供給
王子グループでは、海外植林事業においてFSC®-FM 認証※1を取得、またグループ内の生産・加工事業においてはFSC®-CoC認証※2を取得しています。
森から加工工場まで一貫して認証を取得することにより、原木や木材チップ・製材品といった一次加工品から、パルプのような二次加工品、更にはコピー用紙、家庭紙、段ボールといった最終製品まで、多種多様のFSC®認証製品を供給可能です。また、最終製品は古紙として再利用されます。

※1 FM認証:森林そのものの管理を確認
※2 CoC認証:生産された木材の加工流通過程の管理を確認

SGEC認証

SGEC(緑の循環認証会議)とは、日本独自の森林認証制度です。王子グループ国内社有林では分収林(土地所有が他者)を除きSGEC-FM認証を取得しています。また、CoC事業体としては国内林業部門である王子木材緑化が認証を取得しています。
SGECでは、2016年度にPEFC(各国・地域の森林認証基準を相互認証する国際団体)との相互認証を調印し、SGECは国際的評価を得ることとなり、海外市場に対しても認証木材として進出できることとなりました。また、東京オリンピック・パラリンピックでの認証木材使用を契機に、日本国内での森林認証制度の啓蒙・普及が進むことが期待されます。