本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

国内の社有林状況

コンテンツ

王子グループは、日本国内に民間では最大規模となる19万haの社有林を所有、管理しています。当初、社有林は製紙原料の生産を目標としましたが、その後は高価値材となる製材用原木の育成へと方針を変更しました。現在、国内社有林の人工林(植林地)は全社有林の41%にあたる約8万haで、北海道ではトドマツ、カラマツなど、本州以南ではスギ、ヒノキ等を植林しており、その平均樹齢はおよそ50年生となっています。王子グループでは間伐などの保育作業を継続して行う一方、森林の若返りを図るための主伐・再造林にも取り組み、持続的な森林経営を行っています。

   
美瑛山林(北海道)   上稲子山林(静岡県) 扶桑山林(和歌山県) 

持続可能な森林経営と社会・環境への貢献

森林は、私達の生活と深く関わっています。豊かな日本の森林は、活用しながら保全を図ることが重要です。
王子グループは、山元の林業から木材利用者までの連携が必要と考え、グループ内外に製材、合板、製紙、バイオマス燃料等の原材料を提供し、日本林業の再生、国産材の安定供給に取り組んでいます。
また、森林を保有する企業の社会的な責任として、環境面での貢献に十分な配慮をしながら森林経営を行い、希少生物であるイトウやヤイロチョウ等の保護活動への支援、「王子の森・自然学校」の開催等、森林のさまざまな機能を発揮するための取り組みを行っています。

教育(環境・保健)

保育作業(北海道)  収穫された材(神奈川県)

森林認証SGECを取得

SGEC森林認証とは、一般社団法人 緑の循環認証会議(SGEC)が運用する日本独自の森林認証※1です。王子グループでは、2003年12月の静岡県上稲子山林からSGEC 森林認証の取得を開始しました。現在、分収林を除く国内社有林330山林、総計173千ha で取得しており、国内の民間企業では最大の森林認証面積となっています。SGECは2016年度に国際団体であるPEFCとの相互認証を調印し、国際的に通用する認証制度となりました。

※1 森林認証
森林が持続可能な森林経営を目指し、基準通り良好に管理されていることを、独立した第三者機関が審査、認証すること。
  SGEC認証審査風景 美作山林(2017年 岡山県) 

森林認証