本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

社会

ページタイトル

腐敗・汚職防止の取り組み

コンテンツ

王子グループの経営理念である、王子グループ企業行動憲章・行動規範において、「政治、行政との健全な関係」「取引先との誠実、健全な関係の維持」を明記し、政治献金の透明性確保や違法な献金・寄付の禁止、贈収賄の禁止等、汚職や腐敗行為を禁じております。これはお客様、取引先、代理店、競争会社のすべての関係者に対し、当該理念を遵守して取引を行わせていただく旨のご理解とご協力をお願いしているものです。

腐敗防止については、不正取引の類型として「グループリスク管理規程」においてグループリスクと認識しており、取締役会が整備運用を監督しているリスクの1つです。
加えて、国連グローバルコンパクト原則10(腐敗防止の取組み)に基づき「グループ腐敗防止規程」および「グループ腐敗防止に関するガイドライン類」を制定し、グループ内での対応をより明確かつ具体的にしております。
例えば、事業を行う国や地域特有に贈収賄リスクがあるかの判定、代理店・エージェントの起用に関する審査手続き、便益供与に関する申請と審査手続き、政治献金・寄付金に係る申請手続きを通じて、腐敗に関与しないようリスク評価を行い、リスクが認められる取引は行えない仕組みを整備運用しております。
また、各グループ会社の内部監査において、腐敗防止の観点での定期的なチェックを行っております。

贈収賄など腐敗取引に関与した役職員に対しては、就業規則に基づき懲戒を検討し、厳正な処分を行っております。
2017年度において、腐敗防止に係る違反を起こした役職員、および腐敗に関連する罰金、課徴金および和解金は発生しておりません。

腐敗防止の周知徹底は、コーポレートガバナンス本部コンプライアンス部が中心となり、同規程の説明会を行っている他、特に贈収賄の可能性がある地域に対して研修を実施しております。また、各グループ会社ではコンプライアンス会議を定期的に開催する中で、行動憲章・行動規範の読み合わせを行い、健全な取引の重要性を常に忘れないよう努めております。

王子グループ企業行動憲章・行動規範は王子ホールディングスHPに、グループ規程はイントラネットに掲載しております。当企業行動憲章・行動規範は全従業員に冊子として配布もしております。
2017年度の、政治献金額、寄付金額については、ESGデータ集をご覧ください。