本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

社会

ページタイトル

リスク管理体制

コンテンツ

概要

「グループリスク管理基本規程」に基づき、王子グループが所有する有形無形の財産すべてを対象としたリスクの類型を定め、事業遂行上のリスクを認識しております。リスクとしては、環境リスク、コンプライアンスリスク、情報セキュリティリスク、製造物責任リスク、災害リスク等現在18種類の類型を認識しています。
リスク管理は取締役会で整備運用を監督しており、新たなリスクが発生した場合は、グループ経営会議での審議を経て取締役会で決定します。

グループにおけるリスク管理の責任者は、取締役コーポレートガバナンス本部長であり、コーポレートガバナンス本部は、グループ全体のリスク管理の実効性を確保する業務を行っています。
また、王子グループにおける健康管理・労働安全管理の責任者も取締役コーポレートガバナンス本部長です。


リスク管理体制  


情報管理

王子グループでは、リスクのうち情報セキュリティリスク、インサイダー禁止および知的財産情報の取扱いに関して、王子グループ行動規範に記載するとともに、個別規程を定めて適切な情報管理および保護に努めております。


■王子グループ行動規範より抜粋
14項. インサイダー取引の禁止
19項. 会社秘密の適切な管理(顧客情報、その他営業、研究開発等の情報、第三者より開示を受けた秘密情報)
21項. コンピューターシステムの適切な使用

■個別規程
・情報システム利用規程
・グループ内部情報管理及び内部者取引防止規程

当社は取締役に対し、2006年より株式報酬型ストックオプションを導入しておりましたが、中長期的な業績の向上と、企業価値の増大への貢献意識をより高めることを目的に、2016年6月29日開催の第92回定時株主総会において、業績連動型株式報酬制度の導入を決議しております。

腐敗防止

腐敗防止のリスク管理体制については、「腐敗・汚職防止の取り組み」をご覧ください。

腐敗・汚職防止の取り組み