本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・グループ】カテゴリタイトル

王子グループ

ページタイトル

コンプライアンスの推進

コンテンツ

コンプライアンス推進活動

コンプライアンスの推進組織として、コーポレートガバナンス本部にコンプライアンス部を設置しています。グループのコンプライアンス活動推進の統括は、コーポレートガバナンス本部長が「コンプライアンス推進統括責任者」としてその任に当たっています。海外を含めた各グループ会社には、「コンプライアンス責任者」および「コンプライアンス推進リーダー」を配置し、自社のコンプライアンス推進活動を実施しています。
<主なコンプライアンス推進活動>
①教育、研修の実施
   下請法研修、独禁法研修、新入社員研修、新任管理職研修、グループ各社への出張研修 等
②情報の発信
 コンプラニュースの発行(毎月)、海外向けグローバルコンプラニュース発行(隔月)
③コンプライアンス会議など職場毎のコンプライアンス推進活動の実施
④企業倫理ヘルプラインの対応・管理
⑤コンプライアンス意識調査の実施
  行動憲章・行動規範の遵守状況、ハラスメントの有無、組織風土の実態の確認 等



企業倫理ヘルプライン

業務を行っている中で、法令違反および王子グループ行動憲章・行動規範に違反すると疑問に感じる場合、または判断に迷う場合の相談窓口として「企業倫理ヘルプライン」があります。
まずは「上司もしくは所属会社の相談窓口部署」に報告・相談し、職場の中で解決を図ることを基本としていますが、

・相談、報告すべき上司が法令違反や行動憲章に違反する行為を行なっている場合
・すでに「上司もしくは所属会社の相談窓口部署」に相談したが全く対応してくれない場合
・法令違反および行動憲章・行動規範違反を見聞きしたが、相談しづらい、またはできない場合

には、「企業倫理ヘルプライン」へ相談・通報できる仕組みを日本と中国に設けています。
「企業倫理ヘルプライン」は、電話・電子メール、匿名でも受け付けており、相談・通報先はコーポレートガバナンス本部コンプライアンス部のほか、社外窓口として法律事務所への相談・通報もできる仕組みとしています。



腐敗防止の取り組み

王子グループでは、従来からグループ行動規範において贈収賄行為を禁じてきました。近年、海外において贈収賄摘発事例が増加していることに伴い規制が強化され、リスクがより増大していることから、2015年5月「グループ贈収賄防止規程」を制定し、グループ内での対応をより明確かつ具体的にし、贈収賄リスクの低減を図りました。
また、コーポレートガバナンス本部コンプライアンス部が中心となり、同規程の説明会を開催する等、周知徹底を図っています。さらに、コンプラニュースや各種研修を通じて、コンプライアンス意識の向上に努めています。