本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・研究】カテゴリタイトル

研究開発・技術

ページタイトル

「ぬらすと!」抗菌シート

コンテンツ

ディベロップメントセンターでは、王子キノクロス(株)とホタテ貝殻由来成分を配合した 「ぬらすと!」抗菌不織布シートを開発しました。

水にぬらして効果を発揮する新しいタイプの抗菌シート

当社独自の不織布製造技術と天然抗菌成分の合体に成功

当社は 、ホタテ貝殻を焼成することで発現する抗菌効果に着目し 、商品化を研究してまいりました。
この「焼成ホタテ貝粉末」は水に接触すると優れた抗菌成果を発揮します。このたび、王子独自技術のTDSプロセス(*2)によって、その粉末の抗菌成分を失活させることなく不織布に封入することに成功。「ぬらして使える」新しいタイプの抗菌不織布シートが完成しました。

ぬらすと!

TSDプロセス1

TSDプロセス2

TSDプロセス2

「ぬらすと!」抗菌シートの主な特徴

①多様な抗菌効果

焼成ホタテの貝殻粉末の持つ、優れた抗菌・抗カビ、抗ウィルス性をそのまま封じ込めました。水分に触れるとその効果を発揮します。

防カビ(真菌)効果(例:その1)

「ぬらすと!」抗菌シートをお餅と一緒に袋に入れて室温で保管

防カビ(真菌)効果(例:その1)

防カビ(真菌)効果(例:その1)

防カビ(真菌)効果(例:その2)

いちごパックのウレタンフォームの代わりに「ぬらすと!」抗菌シートを敷設。

防カビ(真菌)効果(例:その2)

防カビ(真菌)効果(例:その2)

実験方法
いちごパックの緩衝材(ウレタンフォーム)の代わりに「ぬらすと!」抗菌シートを敷き、冷蔵庫にて8日間保管した。
保管4日後、8日後に真菌数測定用キット(培地シート)を用いて真菌数(コロニー)をカウントした。

抗菌効果(例)

刺身(まぐろ)を「ぬらすと!」抗菌シートで包み、冷蔵保存

抗菌効果(例)

抗菌効果(例)

実験方法
刺身(マグロブロック)を「ぬらすと!」抗菌シートで包み、冷蔵庫にて3日間保管し、ラップで包んだものと比較した。保管3日後に一般生菌数測定用キット(培地シート)を用いて菌数(コロニー)をカウントした。

②優れた保管性

長期保存が可能(※3)

水に触れない限り効果は減少しにくいので、乾いた状態ですと長期の保存が可能です。

(※3)一般的なウェットワイパーは薬液で抗菌作用を発現しているため薬液が乾くと抗菌作用が減少してしまい保管性に懸念がありますが、本シートは水にぬらさなければ抗菌作用の減少は少ないです。保管期限は未開封で2年です。

持ち運びに便利

使用前は乾燥したシートなので、軽量で持ち運びに便利です。

③安心・におわない非塩素系成分

抗菌処理後の拭き取り不要

塩素系薬剤と同じ効果を発揮しながらも(※4)金属腐食性が無いので、抗菌処理後の拭き取りが不要です。

(※4)代表的な菌について JIS L1902で評価

広範囲の環境抗菌が容易

塩素系薬剤のような臭いがないので、子供やお年寄りのいる施設なども手軽に払拭できます。

食品との同梱が可能

抗菌成分である焼成ホタテ貝殻粉末は、食品添加物に使用されている成分なので、食品と同梱することが可能です。 (食品のわずかな水分でも効果を発揮することができますので、安心して食品を抗菌・消臭することもできます)

④独自製法の優れた風合い

TDSプロセスにより、様々なカスタマイズが可能

  • 独自製法につき、抗菌性以外にも機能性を付与することが出来ます。
  • 厚さや密度なども、目的・用途に応じて設定することができます。
お問い合わせフォームへのリンクボタン