本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境・社会

ページタイトル

トップメッセージ

コンテンツ

「多様な人材」が、その能力を最大限に発揮できるようにしていきます。

代表取締役社長グループ共同CEO 矢嶋進

私たち企業を取り巻く経済環境や社会構造は、グローバリゼーションやICT化の進展などにより大きくかつ急速に変化を続けています。
王子グループは、グローバル企業としての持続的成長のため、革新的価値創造企業の実現が不可欠であるという経営戦略のもと事業構造改革を推進しています。特に、企業における多様な価値観、発想の柔軟性が必要であるとの認識において、「ダイバーシティ推進」に取組んでいます。中でも、「働き方改革」は重要な柱であり、性別・国籍・年齢等に関係なく、多様な人材が常識にとらわれない自由な発想を積み重ね、よりよいアイデアを次々と出せるような環境を整えていきたいと考えています。
我々は、上記の動きを加速するため、グループダイバーシティ推進室を設置しました。また、各カンパニーのプレジデントを含むメンバーで構成されるダイバーシティ推進委員会を適宜開催し、「各カンパニーのトップ自らが変わらなければならない」という合言葉を掲げて推進しております。

ダイバーシティ推進方針としては、1.「働き方改革の推進」、2.「多様な人材の活躍」、3.「ワークライフマネジメントの向上」の3点をあげています。

1. 働き方改革の推進
「人材運用と活性化の基礎には、よりよい働き方がある」という視点に立ち、旧態依然としたやり方を見直し、「仕事の質」を高めることで、年間総労働時間の削減を図ります。

2. 多様な人材の活躍
先ず第一に、「女性活躍推進に積極的に取組む」という方針のもと、女性活躍推進の指標となる女性管理職比率の向上を図ります。女性従業員の配置・育成・登用機会についてあらためて検討し、能力のある女性を積極的に登用していきます。

3. ワークライフマネジメントの向上
「キャリアと育児・介護との両立」「男性の育児・家事参加」「柔軟な働き方の整備」を重点項目に据え、男女ともに仕事で成果を発揮しながら、家庭や地域においても役割を果たせるような就業環境を整えてまいります。

王子グループには元来、多様な価値観を融合させる文化や風土があります。これらをより一層発展させ、多様性と柔軟性を強化させることで競争力を高め、企業として成長してまいります。
今後とも変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

王子ホールディングス株式会社
代表取締役社長 グループCEO
矢嶋進