本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境・社会

ページタイトル

森林認証

コンテンツ

森林認証について

森林認証制度とは、森林が適切に管理されていることを、独立した第三者機関が評価、認証する制度です。国際的に知られている制度として、FSC®(注1)、PEFC(注2)などがあり、近年認証面積は急速に増えています。日本には独自の制度としてSGEC(注3)があります。

(注1)FSC
Forest Stewardship Council®

(注2)PEFC
Programme for the Endorsement of Forest Certification

(注3)SGEC
Sustainable Green Ecosystem Council、『緑の循環』認証会議

森林認証面積の推移のグラフ

森林認証制度は適切な森林経営を推進する有効な手段ですが、森林認証の取得地域には片寄りがあること、認証の取得と維持にコストがかかることなどが今後の課題です。森林認証を取得していなくても適切な森林経営がされている森林も多くあります。

地域別森林認証面積のグラフ

Topic1 王子製紙グループは、森林認証紙を生産しています

森林認証には、森林の管理だけでなく流通段階などの管理を対象とした、CoC認証を持つ制度もあります。CoC認証とは、Chain of Custodyの略で、木材や木材チップが森林から生産・加工・流通過程を経て最終消費者の手元に届くすべての段階で、確かに森林認証材が使われていることが、第三者機関によって確認されていることを証明するものです。(ライセンスコード:FSC-C014119)