本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境・社会

ページタイトル

国内の社有林状況

コンテンツ

王子グループは、日本国内に民間では最大規模となる19万ヘクタールの社有林を所有、管理しています。当初社有林は製紙原料の生産を目標としましたが、その後は高価値材となる製材用原木の育成へと方針を変更しました。現在、国内社有林の人工林(植林地)は全社有林の41%にあたる約8万ヘクタールで、北海道ではトドマツ、カラマツなど、本州以南ではスギ、ヒノキなどを植林しており、その平均樹齢はおよそ50年生となっています。王子グループでは間伐などの保育作業を継続して行う一方、森林の若返りを図るための主伐・再造林にも取り組み、持続的な森林経営を行っています。

   
美瑛山林(北海道)   上稲子山林(静岡県) 扶桑山林(和歌山県) 

持続的な森林経営と社会・環境への貢献

森林は、土砂災害の防止、水源のかん養、地球温暖化の緩和、保健休養の場の提供、木材の供給など、さまざまな機能を持っており、私たちの生活と深く関わっています。豊かな日本の森林は、活用しながら保全を図ることが重要です。
王子グループは、山元の林業から木材の利用者までの連携が必要と考え、グループ内外に製材、合板、製紙、バイオマス燃料などの原材料を提供し、日本林業の再生、国産材の安定供給に取り組んでいます。
また、森林を保有する企業の社会的な責任として、環境面での貢献に十分な配慮をしながら森林経営を行い、希少生物であるイトウやヤイロチョウなどの保護活動への支援、「王子の森・自然学校」の開催等、森林のさまざまな機能を発揮するための取組を行っています。


保育作業(北海道)


収穫された材(神奈川県)

森林認証SGECを取得

SGEC森林認証とは、一般社団法人 緑の循環認証会議(SGEC)が運用する日本独自の森林認証(注1)です。王子グループでは、2003年12月の静岡県上稲子山林からSGEC 森林認証の取得を開始しました。2017年現在では、分収林を除く国内社有林330山林、総計173千ha で取得しており、国内の民間企業では最大の森林認証面積となっています。SGECは2016年度に国際団体であるPEFCとの相互認証を調印し、国際的に通用する認証制度となりました。

(注1)森林認証
森林が持続可能な森林経営を目指し、森林が基準通り良好に管理されていることを、独立した第三者機関が審査、認証すること。


SGEC認証審査風景 美作山林(2017年 岡山県)

ヤイロチョウ保護協定の締結

ヤイロチョウは体に複数の色を持つ美しい鳥で、絶滅危惧種に指定されている渡り鳥ですが、高知県の王子グループ社有林に毎年飛来し繁殖していることが明らかになりました。これを受け、2016年8月にその保護に取り組んでいる公益社団法人生態系トラスト協会と、将来にわたってヤイロチョウが生息できる環境を守るために「ヤイロチョウ保護協定」を締結しました。

「公益社団法人生態系トラスト協会」のサイト


ヤイロチョウ
(写真提供:公益社団法人 生態系トラスト協会)

猿払イトウ保全協議会の設立

北海道の王子グループ社有林に流れる猿払川流域には、国際自然保護連合(IUCN)と環境省のレッドデータリストで絶滅危惧種に指定されている日本最大の淡水魚「イトウ」が生息しています。
王子グループでは「イトウ」を保護するために社有林に「環境保全区」を設定するとともに、猿払イトウの会、猿払村、研究者と協力して「猿払イトウ保全協議会」を設立し保護活動に取り組んでいます。

「猿払イトウ保全協議会」のサイト


婚姻色を見せるイトウ
(写真提供:足立聡氏)

高山植物の再生 アポイ岳再生委員会を支援

アポイ岳(北海道様似(さまに)町)は低山ながら高山植物群落があることから、1952年に山の5合目以上が特別天然記念物に指定されました。しかし、気候変化、盗掘、シカ食害等により、高山植物が激減しています。
このため、指定区の下部に隣接する王子グループ様似山林において、2006年よりアポイ岳再生委員会が中心となり、高山植物の再生実験を行っています。王子グループはこの再生実験のための土地の無償貸与や現場活動への参加など、再生実験を支援しています。


高山植物再生実験地の準備作業
(提供:アポイ岳再生委員会)


実験地で開花したエゾコウゾリナ

王子の森自然学校

日本各地に保有する社有林をより有効に活用するために、王子グループでは、自社の森を教室とする自然体験型環境教育プログラム「王子の森・自然学校」を、2004年から毎年実施しています。
これは、(社)日本環境教育フォーラムとの協働による企画で、小中学生から参加者を募り、森への知識を深めてもらうため、北海道、日光、富士、広島、宮崎など各地の社有林において、夏休み期間に2泊3日の日程で開校しています。

「王子の森・自然学校」関連ページ


間伐体験(富士校)


ツリークライミング(北海道校)