本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境・社会

ページタイトル

王子の植林地状況

コンテンツ

王子グループでは、7カ国、11の地域において植林事業を展開しています。木材原料の確保とともに、CO2の吸収、雇用や産業の創出により地域社会に貢献します。FSC®等の森林認証取得を進めています。(ライセンスコード:FSC-C014119)

海外植林会社の所在地

海外植林会社の所在地 地図 中国 ベトナム インドネシア ラオス ブラジル オーストラリア ニュージーランド

植林木の利用が始まっています

王子グループの植林地では、伐採期を迎えた植林木がチップに加工され、現地のパルプ工場で利用されたり、チップ専用船に積まれて日本へ輸送されています。また、製材用としても利用されています。

西オーストラリア植林地における、当グループ向けチップの輸出のフロー図
  (1)ユーカリ植林地の写真 (2)植材林の伐採作業の写真 (3)丸太をトラックで輸送の写真
  ユーカリ植林地   植材林の伐採作業   丸太をトラックで輸送  
(4)チップ工場の写真 (5)チップ専用船への積み込み作業<br />(西オーストラリア・アルバニー港)の写真
  チップ工場   チップ専用船への積み込み作業
(西オーストラリア・アルバニー港)