本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境・社会

ページタイトル

省エネルギー

コンテンツ

省エネルギーの推進

紙パルプ産業は、化学や鉄鋼、セメントなど他の素材産業と同様に、エネルギー多消費型産業のひとつです。これは、薄く比較的軽い製品を製造する割には、大量生産のための重量級の設備が必要とされ、これらの機械・設備を運転するために大量の電気を必要とするからです。また、水に分散させたパルプをシートにし、これを乾燥させる工程で大量の熱(蒸気)を必要とします。そのためエネルギー対策は最重要課題であり、紙パルプ業界では長年省エネルギー活動に取り組んできました。

もっとくわしく

王子グループでは、1980年代の10年間で20%もの全一次エネルギー原単位(注1)の改善を行いました。1990年以降も、高効率設備への変更など大規模投資を行いましたが、品質、環境、安全対策に伴う設備増加による増エネルギーの影響もあり、近年の全一次エネルギー原単位は1990年度対比で数%の改善にとどまっています。この状況を打破しさらに省エネルギーを進めるため、紙パルプ業界で年2回開催する「エネルギー委員会」では各事業所のエネルギー担当者が集まり、新技術や成功事例に関する情報交換などを行い、各事業の活動に生かしています。
紙板紙製造における消費エネルギーの国際比較では、国別の生産品種構成の違いはあるものの、日本は米国、カナダ、スウェーデンよりも優れているといえます。今後も、動力設備を中心にさまざまな工程で、高効率設備の導入、工程の見直し、廃熱回収、熱・電気効率の改善、管理の強化などを実行し省エネルギーに努めていきます。

(注1)全一次エネルギー原単位
一次エネルギーとは、重油・石炭等の化石燃料、購入電力、RPF等の廃棄物燃料、黒液等の再生可能エネルギーの総使用量。原単位とは、エネルギー使用量を生産量で割ったもので、省エネルギーの進捗状況の指標となる。

Topic1 効率的なエネルギー利用として、古くからコージェネレーションを活用

コージェネレーションとは、ひとつのエネルギーから電気・熱などの複数のエネルギーを取り出し、同時に利用する方法です。紙パルプ産業の場合は、蒸気による発電だけでなく、発電タービンで使用後の排熱(蒸気)も熱源として利用する方法をとっています。
紙パルプ産業では、すでに古くからコージェネレーションを導入してきました。通常、火力発電所では、発電後の排熱(蒸気)は冷却水などで冷やして放出するのが一般的で、エネルギー効率は40%程度にとどまります。一方、コージェネレーションでは、発電後の排熱もすべて生産工程で熱源として利用できるので、効率は約70%程度まで高められます。

通常の発電とコージュネレーションシステムとの違い

通常の発電事業のエネルギー効率40%  発電に利用された後の蒸気エネルギーは利用されない

コージェネレーション導入でのエネルギー効率70%  発電に利用された後の蒸気が各工程の熱源として利用されるのでエネルギー効率が高い