本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境

ページタイトル

環境ビジネスと研究開発

環境ビジネスと研究開発
王子グループは多様な事業活動を通じて、環境問題に取り組み、持続的な社会の実現に貢献しています。また、製品の開発段階において、LCA評価によりCO2削減量を把握し、CO2削減量の拡大に努め、気候変動問題に寄与していきます。

地球環境に配慮した「生分解性プラスチックの開発」と「更なる機能を加えた紙製品の開発」

最近、世界でプラスチックに替わる製品の需要が高まっています。王子グループはこれまで食品用途向けの各種原紙を製造してまいりましたが、パッケージング推進センター(2018年4月1日設置)を中心に、プラスチックに替わる、生分解性のプラスチックの開発と更なる機能を備えた紙製品の開発を進めてまいります。

樹脂ペレット
樹脂ペレット
パルプを生分解性プラスチックであるポリ乳酸と
複合材料した樹脂ペレットの開発を進めています

バリア性を有する包装材料
バリア性を有する包装材料
現在、主にプラスチックが使用されている包装材料を
紙に置き換えるために、水蒸気および酸素に対して
バリア性を有する再生循環型の包装材料を開発しました

紙コップ蓋(トラベラーリッド)
紙コップ蓋(トラベラーリッド)
プラスチック蓋が主流となっていることから
生分解性を有する再生可能なパルプを
原料とした紙製の蓋を開発しました。
また、紙ストローの製造に適した原紙の
サンプル提供を開始しています

ニュースリリース

「地球環境に配慮した「生分解性プラスチックの開発」と「更なる機能を加えた紙製品の開発」について」(2018年9月20日)

プラスチック製品に代替可能な王子グループの紙製品

紙容器原紙

紙容器原紙

オールフレッシュパルプで、異物・臭気が少ない紙です。140~450g/㎡と様々な厚みに加え、印刷効果アップするコート仕様や中性抄紙も可能でアイスクリーム、ヨーグルト等の食品容器に幅広くご使用頂けます。
(王子エフテックス株式会社)

OKレインガード

OKレインガード

上質紙をベースに開発された印刷用はっ水紙です。
原料は天然パルプ100%で、自然環境に優しい素材で作っています。
封筒・生鮮食品のラベルや外装紙・ゴルフスコアカード等、アイデア次第で用途は無限に広がります。
(王子エフテックス株式会社)

セパフリーTMシリーズ

セパフリーシリーズ

剥離紙が無いのでごみが出ない地球環境に優しいラベルです。二つ折り、積層、ロールと仕様も要望に応じて各種選択可能で、物流・地方自治体・ノベルティと多様な用途で活躍しております。
(新タック化成株式会社)

ALL紙製緩衝封筒、紙Net封筒

紙Net封筒

宅配BOXや郵便受けなどで荷受けを可能にすることでの宅配再配達低減と、緩衝材まで紙製にし、ALL紙製緩衝封筒とすることで脱プラスチック化へも貢献します。
(王子タック株式会社)

再生循環型の防湿包装用紙「グリーンラップ」

「グリーンラップ」は主にコピー用紙の防湿用途に使用されている包装用紙です。
ポリエチレンでラミネートされた防湿包装用紙が産業廃棄物として投棄されているのと異なり「グリーンラップ」は古紙として再生利用が可能な地球環境に配慮した包装材料です。
上市以来お客様にはご愛用いただいておりますが、益々高まる脱プラスチックのニーズにお応えできる製品です。

グリーンラップの使用例
グリーンラップの使用例

水環境事業

 王子グループが長年培ってきた製紙技術を通じて蓄積した用水製造・排水処理のノウハウを活かし、それらをさまざまなニーズと組み合わせることにより、あらゆる水環境に適した水処理システムを提供しています。適切な現地調査・水質分析・ラボ試験が実施できる技術と体制のもと、これまでも産業排水におけるカドミウム除去システムや、タイの工業団地の工業用水製造設備等に独自の水処理システムを導入してきました。
 今後も水処理システムの技術革新を進めながら普及拡大を目指し、日本国内だけでなく、東南アジアをはじめとした海外の水環境の発展に貢献していきます。

工業用水製造設備
工業用水製造設備

ニュースリリース

「産業排水におけるカドミウム除去システム確立のお知らせ」(2017年5月18日)

「タイにおける水処理システム導入のお知らせ」(2017年4月26日)

関連ページ

水処理技術の確立

バイオマス発電事業を中心としたエネルギー事業

設置済みのバイオマス発電設備は順調に稼働しており、2019年には三菱製紙株式会社との共同発電事業が開始する予定です。また、既存の水力発電設備の更新・近代化工事も順調に進捗しております。電力小売り事業の分野では、伊藤忠エネクス株式会社との共同電力販売会社の業績が堅調に推移しております。一方、エネルギー事業の拡大に合わせ、未利用の国内木材資源を活用した燃料用チップ生産会社(函館北斗王子林産株式会社 北海道北斗市)を2018年11月に設立するなど、バイオマス燃料事業の拡充も進めています。

バイオマス発電プラント
建設中のバイオマス発電プラント
エム・ピー・エム・王子エコエネルギー株式会社

王子グループの発電拠点

会社名 所在地
バイオマス発電所 王子グリーンエナジー江別株式会社 北海道江別市
エム・ピー・エム・王子エコエネルギー株式会社 青森県八戸市
王子グリーンエナジー日南株式会社 宮崎県日南市
水力発電所 王子製紙株式会社 北海道千歳市
王子製紙株式会社 北海道ニセコ町
王子エフテックス株式会社 静岡県富士宮市
王子エフテックス株式会社 岐阜県中津川市
太陽光発電所 王子グリーンエナジー白糠株式会社 北海道白糠町
王子コンテナー株式会社 福島県伊達市
王子物流株式会社 千葉県浦安市
王子コンテナー株式会社 長野県安曇野市

火力発電所については各工場拠点併設のため、記載省略

ニュースリリース

「共同バイオマス発電事業に関するお知らせ」(2016年3月28日)

「王子・伊藤忠エネクス電力販売株式会社 設立のお知らせ」(2015年3月31日)

「道南地域における木質チップ生産会社設立のお知らせ」(2018年11月9日)