本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル
ページタイトル

CO2吸収

コンテンツ

社有林の保全、環境植林を進め、森林による二酸化炭素吸収を促進することにより、日本政府が目指す長期目標「2050年80%削減」に貢献します

日本の民間企業では最大の森林(19万ha)を管理・所有しています。また、海外においては、6ケ国にて植林を行っておりその面積は26万haにもなります。国内外合わせて45万haであり、東京都の約2倍の面積に相当します。
この国内外の森林では、環境、経済、社会に配慮した持続可能な森林経営を実践しています。王子グループは年間約90億円をかけて、社有林・植林地を健全な状態を維持するため継続的に管理を行うとともに、植林面積を拡大してきた結果、45万haの森は、約1,400万トンのCO2を吸収し、約1億トンのCO2を固定しており、地球温暖化の原因とされているCO2の吸収・固定に大きく貢献しています。



CENIBRA    撮影Joao Rabelo APFL


留辺蕊山林 上稲子山林