本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・研究】カテゴリタイトル

研究開発・技術

ページタイトル

高機能フィルムの製造技術

コンテンツ

粘着材料イノベーション研究所は、王子グループにおける粘着関連製品の開発を担っています。

スマートフォン・タブレット端末の構成概略図と主な開発品

開発の対象は一般的なシール・ラベルから工業用の特殊粘着製品、そして、光学用やメディカル用の高機能製品まで広範囲にわたります。 具体的には、感熱紙ラベルといった紙製品、工事用の養生フィルムや成形用加飾フィルムといったフィルム製品、そしてスマートフォンやタブレットPCなどに使用される光学用両面粘着フィルムやハードコートフィルムなど開発しています。

スマートフォン・タブレットの構成

スマートフォン・タブレットの構成

スマートフォン・タブレットの構成

①カバーガラス用「高レタデーション飛散防止フィルム」

虹ムラを解消し、視認性を向上。

カーナビやインパネなど自動車にタッチパネルディプレイが使われる事が多くなってきています。 運転中に偏光サングラスを利用した場合、ディスプレイとの位相差によって、虹ムラと呼ばれる模様が発生し、視認性が悪くなってしまいます。
そこで、飛散防止フィルムの位相差を制御することによって、虹ムラを抑制することが可能になりました。

高レタデーション飛散防止フィルムの従来品と開発品との比較

高レタデーション飛散防止フィルムの従来品と開発品との比較

その他にも、さまざまな機能を持ったカバーガラス用飛散防止フィルムを開発しています。
例えば、光の屈折率差を制御し画面の映り込みを低減させた飛散防止フィルムや傷つき防止性、指すべり性、汚れ防止性を持ったフィルム等、お客様のニーズに答えるカバーガラス用飛散防止フィルムを開発しています。

②裏貼り用「Anti-WaterMarkフィルム」

液晶モジュールへの貼りつき防止、画質を保護。

タッチパネルモジュールは、軽量化、薄型化、大型化にともない、指でタッチした際にたわみ易くなっており、
タッチパネルが液晶モジュールに貼りついてWater Mark(ウォーターマーク)と呼ばれる模様が発生する問題が増えています。
当研究所では、この問題を解決するために、特殊な凹凸構造をフィルム上に形成することにより、
液晶の画質を損うことなく貼りつきを防止したAnti-WaterMarkフィルムを開発しました。

Anti-WaterMarkフィルムの従来品と開発品との比較

③部材貼合用「光学用両面粘着シート」

高段差追従性と高耐久性、相反する性能を兼備。

光学用両面粘着シートは、主にスマートフォンやタブレット端末などのタッチパネルの部材貼合用に使用される高透明な粘着シートです。
これらのシートにはlTO腐食防止、低誘電率、リワーク性、段差追従性、耐久性といったさまざまな性能が要求されます。
なかでも、薄い粘着フィルムでどれだけ柔軟に枠印刷や回路の段差に追従するかが大きな課題です。
当研究所では、段差追従性(軟らかさ)と高耐久性(高凝集力)の相反する性能を満足させるため、貼合時は柔らかく、貼合後にUV光を照射することで硬化するデュアルキュアタイプの粘着フィルムを開発しました。

光学用両面粘着フィルムの従来品と開発品との比較

光学用両面粘着フィルムの従来品と開発品との比較

今後の展開

これまでの熱硬化ラインに加え、新たにUV硬化専用ラインを稼働させました。
熱硬化ラインでは必須だった乾燥工程が省略でき、有機溶剤フリーで環境負荷の低い製品の提供が可能になります。
また、その他UV硬化独自の性能を取り入れた、新製品の開発に取り組んでいます。

お問い合わせフォームへのリンクボタン