本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・研究】カテゴリタイトル

研究開発・技術

ページタイトル

薬用植物の栽培技術

コンテンツ

王子グループでは、製紙原料となる植林木の研究で培った優良品種の選抜技術をはじめ、組織培養や遺伝子解析に関する林木育種技術を多数保有しています。医療植物研究所では、これらの研究財産を有効活用できる分野として、市場としても将来性のある薬用植物の研究に着目しました。

甘草(カンゾウ)の栽培技術

①国内栽培に至る背景

薬用植物の中で甘草は、漢方薬の約7割に使用されているだけでなく、化粧品や食品・雑貨等にも幅広く使用されている薬用植物です。 現状では、原料のほとんどが、中国および中央アジア地域からの野生品の輸入に頼っておりますが、昨今では需要増加に伴う資源枯渇の危惧や中国の輸出規制により、価格高騰・入手困難などの問題が起きています。

各生薬の使用量上位5品目と生産国、中国産原料生薬の価格指数の推移

各生薬の使用量上位5品目と生産国、中国産原料生薬の価格指数の推移

(最も使用量が多いカンゾウの価格指数は、2011~2013年の3年間で146→163→186と推移しており、2倍に近づきつつあります)。

【出典原】料生薬使用量等調査報告書平成23,24年度より

そのため、国内での栽培研究が盛んに行われていますが、短期間の栽培で薬効成分含量基準(グリチルリチン酸含量2.0%以上)を満たす技術および栽培作業の機械化技術は、これまで未確立となっていました。

②種子から短期間で基準以上の薬効成分を満たす栽培に成功

当社では、各種栽培条件における甘草の遺伝子発現解析結果から、短期(種子を播いてから収穫まで1.5年)でグリチルリチン酸含量を基準以上に向上させる栽培技術を確立し、当社農場での実証試験に成功しました。

播種16か月後の甘草の苗
播種16か月後の甘草の苗

播種18か月(1.5年)後に収穫した甘草の根
播種18か月(1.5年)後に収穫した甘草の根

当社の栽培技術の成果

今後、漢方薬等の医薬品原料としての販売を目指すとともに、日用品や化粧品等の原料化も視野に国産甘草の品質の高さやトレーサビリティを重要視されるお客様と共に、新たなビジネスを構築してまいります。

オタネニンジンの苗園01

オタネニンジンの苗園02

オタネニンジンの栽培

社有林資源の活用

甘草(カンゾウ)の他にも、北海道に保有している社有林(12.6万ha)に自生している多種にわたる薬用植物の活用も同時に検討しています。

当社社有林内にて生息が確認された薬用植物の一例

当社社有林内にて生息が確認された薬用植物の一例

当社社有林内にて生息が確認された薬用植物の一例

お問い合わせフォームへのリンクボタン