本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・グループ】カテゴリタイトル

王子グループ

ページタイトル

印刷情報メディアビジネス

コンテンツ

青山秀彦 印刷情報メディアカンパニープレジデント

国内市場の成熟化および東アジア市場の一体化に対応し、事業構造の改革を進めます。

青山 秀彦
印刷情報メディアカンパニープレジデント

事業概要

新聞用紙や印刷・出版用紙、情報用紙など、情報伝達媒体として使用される紙製品群を取り扱っています。カンパニー所属国内グループ会社一覧

新聞用紙事業

王子グループは新聞用紙の国内シェア約30%を占めています。全国の新聞社からのニーズにお応えするために、高速輪転印刷に耐える強度や、カラー印刷において美しい仕上がりを実現する印刷適性など、品質改善の努力を続けており、高い評価を受けています。

新聞用紙事業

印刷・出版用紙事業

本、雑誌などに利用される出版用紙や、カタログなどに利用される印刷用紙には、印刷物の内容や印刷機の特性などによって多様な品質が求められます。王子グループではそうしたニーズに対応すべく製品開発に努めています。

印刷・出版用紙事業

情報用紙事業

従来のフォーム紙、コピー用紙(PPC)に加え、オンデマンド印刷(POD)向け高機能プリンター用紙など数々の新製品を開発。あらゆる業種・業務でご愛用いただいています。

情報用紙事業

事業戦略

国内事業戦略

ICT化の進行や広告需要の減少などの需要構造の変化に加え、国内市場は縮小傾向が続くことが予想されます。更に輸入紙の定着など供給構造の変化も進んでおり、競争は一層激化してきています。こうした厳しい状況下、コスト構造の抜本的な転換を進め、国際競争力の強化を図ることが、印刷情報メディア事業における最重要課題の一つとなっています。
国内生産体制の再編成を進めるなど、徹底的なコストダウンによる国際競争力の強化を図っています。

海外事業戦略

中国市場において、江蘇王子製紙南通工場が紙パルプ一貫生産工場として安定操業を維持しており、市場へ安定供給の使命を果たしています。2017年度末には2台目のパルプマシン稼働が予定されており、更にコスト競争力が向上し、王子グループの収益に大きく貢献することが見込まれています。