本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
カテゴリタイトルPPS

ページタイトル

木質成分由来の医薬品

コンテンツ
王子グループはヘミセルロースの高付加価値化について研究開発を行っています。

ヘミセルロースの有効活用

木材の成分は主に、セルロースとヘミセルロース、リグニンで構成されています。セルロースについては紙や繊維原料(溶解パルプ)として余すところなく活用されてきましたが、副産物として排出されるヘミセルロースについては活用事例が非常に少ないという状況になっています。王子グループはセルロースとヘミセルロースの両方を高純度で精製可能な技術を開発することに成功しました。そのため、これまで活用されてこなかったヘミセルロースについて、より付加価値の高い製品として活用すべく、研究開発を進めてきました。




①加水分解キシラン

へミセルロースを精製した「加水分解キシラン」という物質を、化粧品原材料向けに開発しています。
食経験もある安全な素材で、肌への効果として保湿効果と肌荒れ防御効果、美白効果が確認されています。


加水分解キシラン

②硫酸化へミセルロース(ポリ硫酸ペントサンナトリウム)

王子グループではへミセルロースを精製・化学合成した硫酸化ヘミセルロースの1種である「ポリ硫酸ペントサンナトリウム」という物質が、医薬品有効成分として利用されていることに着目しています。ポリ硫酸ペントサンナトリウムには関節炎の症状を抑える効果、膀胱の炎症を抑える効果、血液の凝固を抑える効果などの様々な効果があることが知られています。王子グループでは硫酸化ヘミセルロースを活用することで、医薬品領域への参入を検討しています。まず、動物用(特にウマ用)医薬品としての実用化を目指し、北海道大学と共同で研究開発を進めています。また、ヒト用医薬品としての研究では植物由来であることを活かし、ハラル対応の医薬品を目指した開発を行っています。