本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・汎用】カテゴリタイトル

ページタイトル

最新情報

ニュースリリース

2014年02月28日

【日】ニュースリリース(IR)

ミャンマーにおける段ボール事業開始に関するお知らせ

王子ホールディングス株式会社は、本日開催された取締役会において、ミャンマー連邦共和国に現地法人を設立し、ヤンゴン郊外のミンガラドン工業団地内に、新たに段ボール工場を建設することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

1. ミャンマーにおける段ボール事業
王子グループは、現在推し進めている事業構造転換の一つとして、東南アジアおよびインドでのパッケージング事業を積極的に展開しています。今般、当社が新たに段ボール事業開始を決定したミャンマーは、2011年の民政化以降、豊富な天然資源を背景に、世界各国から事業投資先として注目を集め、急速に経済発展が進んでいます。とりわけ、経済の中心地であるヤンゴンには、各国からの積極的な投資が進んでおり、繊維・縫製業や飲料・加工食品事業等の進出が続いています。また、2015年には、日本とミャンマーの共同事業体が開発するティラワ工業団地が用地提供を開始することが予定されており、今後、日系企業を中心として、さらに事業進出が加速していくことが見込まれます。 一方、現地の段ボール業界では、現在のところ、近代的な加工設備をもつサプライヤーは限られており、外資大手の進出は当社が初めてとなります。当社は、日本の段ボール加工技術と東南アジア事業で培った事業ノウハウおよび人材を投入して、ミャンマーの段ボール需要家に満足していただける品質とサービスを提供し、経済発展に伴って増加する段ボール需要を取り込んでまいります。 当社は現在、東南アジアにおいて18ヵ所の製造拠点でパッケージング事業を行っており、さらに昨年12月にベトナムでUPJV社の買収を決定し、インドでは本年7月の営業開始を目指して工場を建設中であります。本日事業開始を決定した本工場は、これらに続き21番目の製造拠点となります。また、進出国では、ベトナム、マレーシア、タイ、カンボジア、インドに続き、6ヵ国目の進出となります。

2. 現地法人および新工場の概要
マレーシアの当社子会社(当社75%、丸紅㈱25%出資)であるGS Paper & Packaging Sdn Bhdが過半数を出資して、現地パートナーとの合弁でミャンマーに現地法人を設立します。この現地法人が、ヤンゴン郊外にあるミンガラドン工業団地に工場を建設し、段ボール事業を開始します。 〔現地法人の概要〕 商  号 Oji GS Packaging (Yangon) Co.,Ltd. 事業内容 段ボール製品 (シート・箱) の製造および販売 設立年月 2014年3月(予定) 資 本 金 US$15,500,000 〔新工場の概要〕 工場所在地 ミャンマー連邦共和国 ミンガラドン工業団地内 (ヤンゴン市街中心部から北へ約20km) 敷地面積 25,000㎡ 総投資額 約US$15.4百万 (約16億円) 生産能力 段ボールシート貼合: 42百万㎡/年 段ボールケース製函: 25百万㎡/年 営業開始 2015年5月 (予定)

3. 今期の業績に与える影響
本件が、平成26年3月期業績予想に与える影響はありません。

【本件に関するお問合せ先】
王子マネジメントオフィス株式会社 取締役海外事業企画部長 磯野 裕之 (TEL)03-3563-4385

(参考資料) 東南アジア地域のパッケージング事業拠点

東南アジア地域のパッケージング事業拠点図