本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・汎用】カテゴリタイトル

ページタイトル

最新情報

ニュースリリース

2016年02月26日

【日】ニュースリリース(IR)

マレーシアにおける段ボールメーカー買収に関するお知らせ

当社は、本日開催された取締役会において、マレーシアにある段ボール製造販売会社、Dazun Paper Industrial Company Sdn. Bhd.(以下“Dazun社”)の発行済株式の100%を、マレーシアの当社子会社であるGS Paper & Packaging Sdn Bhd(当社75%・丸紅(株) 25% 出資)ならびにHPI Resources Bhd(当社100% 出資)が共同で取得する事を決議し、本日午後GS Paper & Packaging Sdn BhdならびにHPI Resources BhdがDazun社の現オーナーと株式売買契約書を締結いたしましたので、お知らせいたします。株式取得後の所有比率は、GS Paper & Packaging Sdn Bhdが50%、HPI Resources Bhdが50%となります。

1.株式取得の背景

当社グループでは、成長戦略の重点的施策として、海外事業の更なる拡大を掲げ、革新的価値創造企業の実現を目指しております。その中で、生活産業資材の分野については、今後も著しい経済成長が見込まれる東南アジア・インド・オセアニア地域において、パッケージング事業の積極的な展開を図っており、同地域での事業拠点数は、現在34箇所(参考資料参照)に拡大しております。

マレーシアにおける当社グループのパッケージング拠点は9箇所で、その内段ボール製造販売拠点としては、北部地区(ペナン近郊)2箇所、中部地区(クアラルンプール近郊)2箇所、南部地区(ジョホールバル近郊)2箇所でした。株式取得に関する契約書を締結しましたDazun社は、マレーシア中部(セランゴール州)に工場を保有しており、これにより北部地区2箇所、中部地区3箇所、南部地区2箇所体制となります。マレーシアで最も段ボール消費量が多く、競争が激しい中部地区に所在する同社を取得する事で、需要バランスに合ったグループ供給体制となり、当社の事業基盤をより強固なものとします。将来的には、同社が既存工場の敷地内に有する遊休地を活用して設備増強を行う事も視野に入れ、さらなるマーケットシェアの向上を目指します。  当社グループといたしましては、マレーシアおよび東南アジア・インド・オセアニアにおける豊富な経営資源を有効活用しながら、域内で連携して最適な販売・供給体制を構築するとともに、未進出国への進出および既存事業を補完する事業(紙器、ラベル印刷加工、軟包装等)の拡大を推進し、トータルパッケージングサービスの提供を目指します。

2. Dazun社の概要

  • 商号

    Dazun Paper Industrial Company Sdn. Bhd.

    所在地

    セランゴール州(マレーシア中部)

    設立年月

    1989年10月

    事業内容

    段ボールの製造販売

    従業員数

    約180名

 

3. Dazun社における業績

  • 2013年12月期

    2014年12月期

    売上高

    MYR 48百万(13億円)

    MYR 52百万(14億円)

    総資産

    MYR 46百万(12億円)

    MYR 44百万(12億円)

 

4.今期の業績に与える影響

本件が、平成28年3月期業績予想に与える影響はありません。

東南アジア・インド地域のパッケージング事業拠点
東南アジア・インド地域のパッケージング事業拠点地図

本件に関するお問い合わせ先
王子産業資材マネジメント株式会社 専務取締役 企画本部長 田野弘一 (TEL)03-5550-3064