本文へスキップします。

【全・企日・PC】ヘッドリンク
【全・企日・PC】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【全・企日】メガメニュー
【全・企日・SP】ヘッドリンク
【全・企日・SP】ヘッド検索フォーム
サイト内を検索
【参・企日・環境】カテゴリタイトル

環境・社会

ページタイトル

CO2の削減

コンテンツ

非化石エネルギーの利用

王子グループが使用するエネルギーの約半分は、非化石エネルギーです。非化石エネルギーには、黒液(黒い植物性廃液)や木屑などのバイオマス燃料(注1)を利用する再生可能エネルギーと、廃タイヤ、廃プラスチック、RPF (注2)などの廃棄物を有効利用する廃棄物エネルギーがあります。再生可能エネルギーの中でも特に黒液(黒い植物性廃液)の利用が多く、エネルギー使用量の約3割を占めています。

エネルギー利用構成(熱量換算)のグラフ

(注1)バイオマス燃料
再生可能な生物由来(木材など)の有機エネルギーや資源のことで化石資源を除いたもの。

(注2)RPF
ごみ固形化燃料の一種で、紙ごみと廃プラスチックから作った固形化燃料。廃プラスチックや再生困難な紙ごみ(古紙)のサーマルリサイクルとして注目されています。

黒液(黒い植物性廃液)

黒液(こくえき)は、パルプの製造工程で、木材チップからリグニンやヘミセルロースが分離されたものです。王子グループでは、濃縮した黒液をバイオマス燃料として有効利用しており、エネルギー使用量全体の約3割に達しています。黒液は、紙パルプ産業に特有のバイオマス燃料と言えます。

パルプを製造し、黒液を生成する連続蒸解釜の写真
パルプを製造し、黒液を
生成する連続蒸解釜

黒液の写真
黒液

Topic2 バイオマス燃料は、大気中のCO2を増やしません

黒液(黒い植物性廃液)などのバイオマス燃料は、燃焼した際にCO2を発生しますが、これはバイオマスの成長過程で光合成により大気中から吸収したCO2を再び大気中に放出しているだけであり、ライフサイクルから見ると大気中のCO2を増加させることにはなりません。これをカーボンニュートラルと呼びます。

カーボンニュートラルのイメージ

 

化石エネルギーからの転換。王子グループは廃棄物エネルギー使用の先駆けです。

王子グループでは、化石エネルギー削減の大きな要件として、廃棄物エネルギーや再生可能エネルギーへの転換を推進しています。王子グループの廃棄物燃料の利用は、1990年頃という実に早い時期から行われており、王子製紙㈱苫小牧工場が札幌市の製造した固形燃料を使い始めたのがきっかけでした。その後、RPFをはじめ、廃タイヤ、木屑などの非化石燃料を使用できる新エネルギーボイラーの導入を業界内でいち早く決定。2004年度に王子製紙㈱苫小牧工場に導入したのを皮切りに各工場へ導入を拡大し、化石エネルギーの使用量削減に大きく貢献しています。

RPFとはRefused Paper & Plastic Fuel の略で、その名の通り再生困難な古紙と廃プラスチックを原料とした固形燃料です。 焼却するしかないごみがエネルギーとしてよみがえるだけでなく、化石エネルギーの使用を削減することで、地球温暖化防止に貢献できる という利点を持っています。

廃棄物の有効利用とサーマルリサイクル

廃棄物対策では、発生抑制(リデュース)、再利用(リユース)、再生利用(リサイクル)の3Rが優先されるべきポイントです。しかし、経済性や技術面で3Rが困難な場合は、衛生面や廃棄物の減量化の観点から、廃棄物をそのまま埋め立てるより焼却処理すべきものと考えます。その際単に焼却だけするとCO2を発生しますが、廃棄物の焼却時に発生する熱を回収して利用(サーマルリサイクル)する、つまり廃棄物を化石エネルギーに替わるエネルギーとして利用すれば、化石エネルギーの使用削減につながりCO2排出量の削減にもつながります。

廃棄物燃料の課題とは

廃棄物エネルギーを使うことのメリットは、ごみの削減、化石燃料の削減ですが、一方で「燃焼灰の増加による灰処理コストの増加」が避けられません。ちなみに焼却灰はセメントメーカーでの委託処理や土壌改良剤への利用、埋め立てなどの処理方法をとっています。また、RPFは広域で小ロット調達のため供給予測が難しいことや、木屑は発電事業者との取り合いが懸念されるなど、廃棄物燃料の安定調達が量的・コスト的に難しくなる可能性があります。

RPFボイラーの写真
新エネルギーボイラー
(王子マテリア㈱ 大分工場)

RPF燃料の写真
RPF燃料

Topic3 水力発電は、もうひとつの再生可能エネルギーです

水力発電は、高い所から流れる水の勢いでタービン水車を回し、その水車が回転する力で発電しています。水を利用するので燃料がいらず、発電のときにCO2を出さないので、地球温暖化防止に貢献できるエネルギーです。

王子グループでは、王子製紙㈱苫小牧工場(北海道)、王子エフテックス㈱中津工場(岐阜県)、東海工場(静岡県)に水力発電設備があります。支笏湖を背後に控え、水力発電に必要な豊富な水量に恵まれた苫小牧工場では、約5万kWの発電をしており、工場で使用する以外に売電もしています。苫小牧工場の歴史は、1906(明治39)年に支笏湖の水利権を獲得したことに始まっています。翌年春から発電所のための水路工事が始まり、1910年春、千歳第一発電所で1万kWの運転と当時国内に類を見ない4万ボルトの長距離送電に成功し、同年秋から苫小牧工場が操業を開始しました。その後も長く苫小牧一帯の電化の一翼を担ってきた千歳第一発電所は、何度も増設や改修の手を加え、1世紀経った今も稼動しています。

水力発電設備(王子製紙 苫小牧工場)の写真
水力発電設備(王子製紙㈱ 苫小牧工場)

 

関連情報

「東京都地球温暖化対策報告書制度」に基づく王子製紙の公表データ(東京都環境局)
http://www8.kankyo.metro.tokyo.jp/ondanka/ad135gcce/index.php?ac=establishment&type=ent&code=01132&sys=13